驚きを賞賛した三重の出会い


Kiss Mavessikeで私がした誕生日の驚きは素晴らしかったです(* *ω `*)
藤ヶ谷くんもいいけど宮田くんや小沢さんのスピードワゴンもいい(*ωω `*)
神内友則の最後だけだったら(笑)
それは私とは何の関係もない物語、悪い意味と驚きの粉砕機です...(笑)三重の出会い

私の体は鈍くて重いです。
私は熱を持っています、そして私は市販薬ですぐにそれを取り除かなければなりません( 'Д `)

環境が変わった、最初の熱。三重の出会い

細い心( '・ω・ `)

寝て寝よう( '・ω・ `)

四国在住の90歳の詩人、坂村真民さん三重の出会い
彼は「冬が来たら」という詩を賞賛する。

「冬が来たら

冬について考えるだけ

冬を遠ざけようとしないでください

 

三重出会い

 

むしろ

冬の魂に触れる

冬の生活に触れよう

冬が来たとき

冬だけ

深さと空想三重の出会い

静寂を知ろう

冬は私の甥

私は孤独になった三重の出会い

それは魂の絆です。 「

この詩について
姉の渡辺一子

この冬を「老年」という言葉に置き換えると、深い味わいがあると言われています。

私達が老年に入るとき、私達は過去の季節を気にしない、
ストーブの上に置かないで、冬の寒さをカバーしようとしないでください。

むしろ先へ

「冬の魂、

冬の生活に触れようとすることは重要です。

冬だけの宝

老年期のみ

私はそれを味わうことができます。

三重の出会い
「深さと厳しさ

「、静けさ」

それは私を中毒にします。

コメント