毎日、三重で出会いがあり貴重だった


彼らが必死に飛ばないようにしたい子供たち。

しかし、どういうわけか私は家に帰ります
種と種を一つずつ取り除く

「問題は何ですか?
「いっぱいになってほしい」三重で出会い

(かわいいオイ、(#Д))))

子供たちと過ごすための幸せで貴重な時間

成長は速い

私はこの時間を慎重に過ごしたいです。三重で出会い


※子供との料理も毎日です!
今日はおいしかったです。
世界はすべて明るくて暗く、プラスとマイナス(+  - )です。

人は時々一人で感じます。三重で出会い

 

三重出会い

 

「しかし、この孤独は

真剣に考えてください。

私を緊張させなさい。

正直に言うと、私は何かを求めます。

それはあなたを侮辱するでしょう。 「

(武蔵商事祥師)

「孤独」を知っている人は、恐れなく自分自身に立ち向かおうとする人です。

彼は暗いと言われていますが、私は手助けできません。

それは、孤独を知っている人は謙虚になることができるということです。

仏教用語「じゃくまく」があります。三重で出会い

それは寂しくて静かに生きるという意味を持ちます。

活気だけでなく、一人で感じる人も信頼できます。

「闇がなければ、

人間は落ちている三重で出会い

あなたは気づかないでしょう。

光が少なければ、人間は救いを望んでいないでしょう。

私は悲しみを知らずに神を知ることはできません。 「

(パスカル)


人々の中の暗い場所は、彼らがただの人間であるという証拠です。
神は自分が暗くなることからかけ離れていることを知っていると言われています。

私の親戚も同じことを言っています。三重で出会い

彼は彼がアミダの世話をする唯一の人であると言います。

あなたは自分の暗い領域を誇りに思うべきだと言われています。

人間の世界は一人では生きられません。

私は孤独と孤独も必要です。

コメント